借金生活

借金生活の始まり記事一覧

私の借金生活の始まりは、同棲していた彼氏がキッカケでした。当時二十歳の私。入社したばかりのパチンコ店で、ハードな毎日ながらも充実していました。その頃私には運転免許証も、車もなく、住んでいたアパートから通うことが出来ずに、お店の寮に住んでいました。毎月の給料は約15万円。この中から携帯代、解約していないアパートの家賃など引いても8万円ほど残っている状態でした。寮に住んでいるので、食費や光熱費は差し引...

私は働くにつれて、微々たるものですが給料が増えました。約20万円。この中から、免許取得合宿のローン代と軽自動車のローン代、そしてアパートの家賃や携帯代などを払っていました。贅沢はできないものの、充分やっていけてたのです。ところが彼氏はそうも行きません。新車のローン代が私の倍以上。しかもパチンコは続けたり、車をさらにいじったりして、前にも増して私にお金の催促をするようになりました。バカな私はついつい...

今は駅前や道路脇など、どこにでもある無人受付機。中に入ると銀行などと同じように現金を引き出したり入金したりする機械があります。(キャッシュディスペンサー)その奥には、曇りガラスでプライバシーを保護された2畳ほどの狭い部屋があります。その部屋に入り、置かれている書類に記入をします。もちろん、その部屋の鍵は自動で閉まるので安心です。書類には住所、氏名のほかに勤務先のことや年収のことなども記入します。保...

消費者金融の店舗で借入する場合も、無人受付機と記入する書類に違いはありません。無人受付機より早く借り入れることができます。ただ、その建物の中に入るときに他人の目が気になりますし多くの人と顔をあわせることになるでしょう。審査内容も用意するものも変わりません。個人的にイヤだったのが目の前で勤務先に電話をされることです。「こちら○○金融ですが、××さんはそちらで働いていますか?」なんてダイレクトな電話で...

二枚の消費者金融カードを使ってキャッシングをし、私は自分自身でも買い物をしていました。念願の車。この車にたくさんのお金を使いました。カー用品店で値段も見ないで小物を買ったり、ダッシュボードのモコモコした布を月イチで取り替えたり、ハンドルカバーも新しいのを発見したらすぐ買ったり・・・雑貨屋などでも大人買い。ソファーが欲しいと思ったらすぐに購入。特に欲しいわけでもなく、ただ流行ってるからという理由でC...

私の借金の額が大きくなっていった一番の原因がスロットです。休みの度にスロットへ行ってました。財布に入れたお金がなくなると、お金をおろしてまたスロット。勝ったらそれを消費者金融の返済に回せばいいものを脳内がマヒしているので、それを手元に次回のスロットへ・・・でも、ギャンブル依存症では無いことは分かっていました。借金してスロットをしていたのは、私一人だけではありません。一緒に行っていた彼氏の手持ちのお...

借金生活を続けながらも、仕事だけはきちんとしていました。が・・・ある日突然あらぬ噂を立てられ、それを店長が信じてしまい私は怒りに任せて辞めました。決して消費者金融の借金のことを言われたわけではなく、個人的なことです。まあ、パチンコ店で働いていたのであの客とできていて、そいつにいい台を教えているということから始まり、女性で若くして役職についたことをよく思わない人達の嫉妬から打ち子を雇っているなど言わ...

生活が苦しくなってきて、私はまたどこかの消費者金融でお金を借り入れしよう思いました。しかし、現在アルバイトで多数の借金があるので大手消費者金融業者では借り入れできないと思っていました。そんなとき、雑誌の裏にある消費者金融に目がとまりました。多重債務者OKアルバイトOK女性OK他社で断られた方OKなど、今の私に当てはまることが書かれていました。数社に電話をかけてみました。電話で氏名、住所、勤務状況、...

もう、雑誌に載っているようなところはダメだと思いながらもやはりお金がないと苦しい。懲りずにまた違うところへ電話しました。電話で氏名などを伝え、また折り返しの電話を待ちました。数分後・・・「今回は特別に当社の機械を少しいじりまして、お客様の情報を少し良くしました。その情報をもっていけば大丈夫です。お客様のお近くに○○←大手消費者金融がありますよね。そこへ行って今まで通り手続きをしてきてください。当社...

ある日突然電話とハガキがきました。ご利用になられたサイトのご利用金額が払われていません。至急お支払いをお願いします。なお、お支払いがない場合回収に伺いますとともに裁判所へ小額訴訟をします。ええ!!私なんもしてないよ。今でいう架空請求ですね。この頃はまだそんな言葉もなかったし、なにより回収って消費者金融の取り立て?訴訟って私訴えられるの??と、とても怖く、支払ってしまいました。・・・総額9万円。本当...

毎月の返済、生活費に本当に困り果てていました。給料日には銀行へ行き、そのまま多数の消費者金融へ返済。手元に残ったお金はゼロ・・・むしろマイナスです。もうダメもとでもう1件の消費者金融へ行きました。絶対にダメだと覚悟しての借り入れ申し込みです。数十分後・・・審査が通って、私は無事に借り入れることができました。他社借り入れしていて、借金があるのに・・・意外に審査は甘いとおもいました。10万円だけでした...

ようやくこの頃になってから、バイトをもう1つしようという考えが生まれました。パチンコ店でのアルバイトが終わるのがだいたい夜12時。その後深夜1時くらいから朝5時まで営業のカラオケ店でアルバイトを始めました。確かにパチンコ店での勤務後に、カラオケ店での勤務は体力的にもしんどかったですが従業員同士仲良くなるにつれ、店長不在の時には、こっそりゴハンを食べたり、飲んだりしていました。また休みの時でも、遊び...

page top