自己破産

自己破産の流れ記事一覧

自己破産はやはり怖い。人間として「ダメ」というレッテルを貼られてるような気がする。もう普通の人間じゃなくなるんじゃないか・・・私にはそんな不安がありました。今回私が自己破産を選んだ理由として「無職で収入がない」というのが一番でした。しかし、自己破産以外にも今の借金生活から抜け出せる方法はあります。任意整理、特定調停、民事再生です。例えば、住宅ローンが残っているマイホームを持っている。価値が100万...

誰でも簡単に借金が帳消しになるなんて!!!と甘い考えで自己破産を考えている人も多いそうです。確かに自己破産をすれば、借金はなくなりますがデメリットもあります。信用情報機関(ブラックリスト)へ登録されるただし、銀行や郵便局などの口座を作るのに支障はありません。自己破産手続きが困難になる何度も何度も自己破産ができるわけありませんよね?自己破産するまで追い詰められた人は、たいてい自己破産を機に「新しい自...

裁判所へ電話をした次の日に、紹介してもらった司法書士の事務所へ行きました。こじんまりとした、少し予想と違った感じでした。司法書士の先生は女性で、どこにでもいそうな普通の人でした。一番最初の借金をするきっかけから、全て司法書士へ話しました。そして今現在はもう返済できなくて、毎日督促の電話や訪問に怯えていること、自己破産してやり直したいという思いを伝えました。先生は怒りもせず、ただ私の話を聞いてくれま...

母親同席の元、この司法書士の先生に自己破産の手続きをお願いすることにしました。全て分割でお願いしようと考えていた私でしたが、母親が頭金として5万円先生に支払ってくれました。手続きに関する書類に全て記入し、判子を押し、完全に私は自己破産をすることとなりました。弁護士、司法書士事務所によって違いはあると思いますが、頭金を少しでも払わないと依頼をうけないというところもあれば、頭金なんて払う余裕がないんだ...

自己破産に必要な書類のひとつ、申立書は、弁護士や司法書士に頼らず自分で行うという人は各地方裁判所へ行ってもらってきます。専門家のところだったら、たいてい用意してあるので自分で取りに行く必要はありません。作成する書類は、破産申立書、陳述書、家計全体の状況、財産目録の4つになります。それぞれの書類について細かく説明していきます。1.破産申立書申立書は各裁判所によって様式が違います。大体の内容は申立人の...

自己破産申立書に添付する必要書類は各地方裁判所の申立書の内容や申立人の状況によってかなり違いがあります。一人で自己破産の申し立てをする人は、必ず地方裁判所に確認してください。書類不備だと、何度も出直すことになります。1.戸籍謄本本籍地が現住所と異なり、遠方の場合は電話でお願いすることになります。時間もかかるので早めに取り寄せたほうがいいと思います。 2.住民票3.預貯金通帳のコピー持っている通帳全...

page top