借金生活

借金生活・金銭感覚麻痺の始まり

お金

私の借金生活の始まりは、同棲していた彼氏がキッカケでした。

 

当時二十歳の私。

 

入社したばかりのパチンコ店で、ハードな毎日ながらも充実していました。

 

その頃私には運転免許証も、車もなく、住んでいたアパートから通うことが出来ずに、お店の寮に住んでいました。

 

 

毎月の給料は約15万円。

 

この中から携帯代、解約していないアパートの家賃など引いても8万円ほど残っている状態でした。

 

寮に住んでいるので、食費や光熱費は差し引かれての給料だったので、お小遣いにしては充分な金額でした。

 

 

・・・私は若かったのでしょう、そして男を見る目がなかったのでしょう。

 

 

当時の彼氏に「お金を貸して」と言われると素直に貸してしまう女でした。

 

そしてその彼氏に教えてもらったパチンコで、私はギャンブルもするようになりました。

 

 

それでもまだなんとかなっていたのですが、やはり車が欲しいということで、ローンを組んで運転免許取得の合宿へ行きました。

 

無事免許取得した後は、父親が保証人となって中古の軽自動車も5年ローンで購入しました。

 

 

彼氏も私と一緒に免許を取りに行きましたが、私の知らないうちに新車の普通乗用車、しかも色々なオプションを付けてローンで購入していました。

 

次のページ:初めて消費者金融で借り入れをする


スポンサードリンク