自己破産の手続き

裁判所で司法書士を紹介してもらう

ネットで調べていくうちに、自己破産の手続きは、弁護士・司法書士に依頼するか、自分で行うことができると分かりました。

 

もちろん弁護士、司法書士ともに依頼するとお金がかかります。

 

しかし自分でやると必要最低限の経費で安くできます。

 

 

私は自分で安く済ませようと、とりあえず裁判所へ電話してみました。

 

「自己破産の手続きを自分でしようと思っています。書類などをもらいに行きたいのですが、その際持って行くものなどありますか?」

 

 

・・・裁判所=犯罪者が裁かれる場所というイメージがあった私は

 

まるで自分も犯罪者であるかのような気持ちでした。

 

 

私の質問に電話の向こうの女性は優しく答えてくれました。

 

「今は一人でやるのは難しいかと思います。こちらで弁護士か司法書士を紹介しますよ。」

 

 

自分一人で専門知識もないまま悪戦苦闘するのと、専門家に手伝ってもらって、確実に今の苦しみから逃れるか・・・

 

やっぱり自分一人で不安だった私は、司法書士を紹介してもらいました。

 

 

司法書士も弁護士も行ってくれる業務は一緒です。

 

複雑な借金の場合は弁護士に、私のような単純な借金は司法書士。

 

司法書士はだいたい15万円〜の費用で、弁護士はそれよりももっと高くなると教えてもらい、司法書士にしたのです。

 

 

自己破産の手続きは、自分でもできます。

 

本屋に行けばそういう類の本はいくらでもあります。

 

だけど、私が住んでいる管轄の裁判所は、最近自己破産に対して厳しくなっているそうです。

 

そのため、一人では難しいと教えてくれたのです。

 

次のページ:自己破産以外の解決策

スポンサードリンク