自己破産の申請

自己破産の申請

時間がかかりすぎてしまったけど、自己破産の申し立てが受理され、ようやく裁判所へ。

 

 

大きいお腹を抱えて、司法書士の先生と待ち合わせ。

 

周りから見ればこんな妊婦が自己破産・・・だなんて思いもしないでしょう。

 

 

裁判所はとても静かです。

 

スーツ姿の人もいれば、私のように私服の人、老若男女問わず様々な人がいました。

 

司法書士の先生の持ってきた新しい自己破産申立書に、新しい苗字での記入をしました。

 

 

新しく記入しなおした書類を提出します。

 

そして裁判官との面談を行うまでの時間、ただただじっと座って待っています。

 

 

ときおり動くお腹。

 

「ママ、あなたのために変わるから。」

 

そうお腹の子供と会話していました。

 

 

裁判所は冷たい、怖いという印象がありましたが、特にそんなことはありませんでした。

 

あの人は自己破産で来ているんだ、こんな理由で来ているんだと、バレることはありません

 

裁判所に行く服装について

 

私は妊婦ということもあり私服でしたが、ほかの人を見ても私服の方が多かったです。

 

ただ、ジーパンのようなラフな格好はやめておきましょう。

 

かといって新しくいい服を買う必要もありません。

 

次のページ:自己破産の審問

スポンサードリンク