自己破産申立書に添付する書類

自己破産の必要書類

自己破産申立書に添付する必要書類は各地方裁判所の申立書の内容や申立人の状況によってかなり違いがあります。

 

一人で自己破産の申し立てをする人は、必ず地方裁判所に確認してください。

 

書類不備だと、何度も出直すことになります。

 

1.戸籍謄本

 

本籍地が現住所と異なり、遠方の場合は電話でお願いすることになります。

 

時間もかかるので早めに取り寄せたほうがいいと思います。 

 

2.住民票

 

3.預貯金通帳のコピー

 

持っている通帳全てコピーします。

 

記帳した際にまとめて記帳されてしまった場合は、明細をもらいます。

 

その場ですぐにもらえることはまずないでしょう。

 

後日郵送となるので、これも早めにしておいたほうがいいと思います。

 

4.給料明細書・源泉徴収票

 

勤務先から給料をもらっている場合には必要になります。

 

5.離職票・退職金支総額証明書

 

勤務先から給料をもらっている場合には必要になります。

 

6.生活保護受給証明書

 

生活保護を受けている場合には必要になります。

 

7.生命保険証書、解約返戻金の証明書

 

生命保険に加入している場合には必要になります。

 

8.賃貸借契約書

 

アパートなどを借りている場合には必要になります。

 

 

以上の書類以外にも、家計全体の状況の記載が正しいことを証明するのに、光熱費などの明細や、財産目録の記載が正しいことを証明する書類など、

 

必要に応じて集めなくてはならない書類がまったく違ってきます。

 

一人で自己破産を申し立てる人は、申し立てをする裁判所に直接問い合わせて下さい。

 

弁護士や司法書士にお願いする人は、指示があるので不備はないので大丈夫です。

 

次のページ:自己破産することを家族に打ち明ける

スポンサードリンク