自己破産前

司法書士との面談

裁判所へ電話をした次の日に、紹介してもらった司法書士の事務所へ行きました。

 

こじんまりとした、少し予想と違った感じでした。

 

司法書士の先生は女性で、どこにでもいそうな普通の人でした。

 

 

一番最初の借金をするきっかけから、全て司法書士へ話しました。

 

そして今現在はもう返済できなくて、毎日督促の電話や訪問に怯えていること、
自己破産してやり直したいという思いを伝えました。

 

先生は怒りもせず、ただ私の話を聞いてくれます。

 

私は話しながら涙が止まりませんでした。

 

本当の気持ち、苦しかったこと、怖かったこと・・・

 

全て口に出して人に話しているうちに、なんだか胸が軽くなりました。

 

 

私は自己破産は親に内緒で自分でやろうと思っていましたが、これ以上嘘、秘密を作らないほうがいい。

 

ということで次回、母親と一緒に来ることになりました。

 

 

先生から

 

・借金をするようになった理由

 

・自己破産した後これから自分はどうしたいか

 

この二つを書いて次回持ってくるように言われました。

 

 

本来ならこの面談もお金がかかるそうです。

 

しかし、それは裁判所からも聞かされてなかったし、司法書士へのアポを取った電話のときも言われていませんでした。

 

財布にはお金なんてないし・・・

 

 

そう焦っていましたが司法書士さんは、

 

「今回は特別。あなたのやり直したいという気持ちを信じてますよ」

 

と言ってくれました。

 

次のページ:自己破産の手続きで借金取り立てが無くなった!

スポンサードリンク