自己破産

自己破産以外の解決策

自己破産はやはり怖い。

 

人間として「ダメ」というレッテルを貼られてるような気がする。

 

もう普通の人間じゃなくなるんじゃないか・・・私にはそんな不安がありました。

 

 

今回私が自己破産を選んだ理由として「無職で収入がない」というのが一番でした。

 

 

しかし、自己破産以外にも今の借金生活から抜け出せる方法はあります。

 

任意整理、特定調停、民事再生です。

 

 

例えば、住宅ローンが残っているマイホームを持っている。

 

価値が100万円以上もする高額な財産がある。

 

もう10年近く借金を返済し続けている。

 

収入がある程度あるので、自己破産ができない。

 

 

など、失いたくないものや収入がある人には自己破産以外の解決策がいいと思います。

 

 

簡単に説明すると任意整理や特定調停をすると金利が安くなり、今まで毎月返済していた金額よりだいぶラクになります。

 

10年以上返済をしていた人ならば、金利を見直すことで逆に払いすぎたお金が戻ってくることがあります。

 

もちろん破産をするわけでなく、返済を続けていくのでマイホームや財産を手放さなくてもいいのです。

 

 

民事再生は上記のものとちょっと違うのですが、取引期間や利息などを問わず、原則として借金の総額の5分の1(総額が3000万円を超える場合には10分の1)

 

もしくは100万円のうち、どちらか大きな金額のほうを3年間で返済する方法です。そのため月々の返済額を大幅に減らすことができます。

 

民事再生後の返済には利息がかからず、また財産を失うこともありません。

 

 

ただし任意整理、特定調停、民事再生も一定期間カードの利用や借り入れができなくなります。

 

今の自分には何が一番いいのだろう、と悩んでいる方は専門家へ相談して一番自分にいい方法を見つけてください。

 

次のページ:自己破産のデメリット

スポンサードリンク