借金一本化

借金一本化を親に相談する

親へ消費者金融の借金、ローンのことは報告していなかったのですが、

 

やはりこの生活は厳しいということと、父親の紹介で正社員として働くことができるということだったので

 

私は彼氏とも別れて実家へ戻りました。

 

 

正直、お金のことで頭がいっぱいだったし、最初に私に消費者金融を紹介したのもこの人だし、
だんだんと愛想がつきていったのです。

 

だから未練もなく、むしろなんでこんな男のためにという気持ちでいっぱいでした。

 

 

実家に帰ってきたので、食費や家賃、光熱費はかからず助かりました。

 

ただ、家にも少しお金を入れなくてはいけないのですが、金銭的に余裕はなかったけど、精神的にはだいぶラクになれました。
父親に紹介された会社で正社員として働き始め、そのためのスーツなども母親が買ってくれました。

 

 

実家に帰って働き始めてから少しして、新しい彼氏ができました。

 

前の彼のようにお金を催促したりしない人です。

 

だけど私の悪い性格というか、自分に自信がないせいなのか、彼の気持ちをつなぎとめるには、お金だと思ってしまったのです。

 

だからデート代はもちろんのこと、週末にお泊りするときのホテル代なども割り勘ではなくほとんど自分が出すような感じでした。

 

デートの時の服なども新しいのを買ったりしてたので、結局実家に戻ってきたところで消費者金融やクレジットカードの借金が減るわけでもなく、むしろ増えました。

 

一緒にパチンコへ行くこともあったのですが、やはり私は彼にお金を貸すという名目で渡していたのです。

 

 

毎月の返済の金額や、多数の消費者金融へ行って返済することも大変なこともあり、

 

私は借金を1つにまとめて返済=借金の一本化をしようと思いました。

 

ただ、それには多額の借り入れをするため私一人ではムリです。

 

保証人が必要で、もしかしたら保証人がいてもムリかもしれません。

 

 

保証人・・・お父さんしかいないと思った私は借金に対して特に罪悪感を感じていなかったので、

 

すぐにでも父親にお願いしようと安易な考えでいました。

 

次のページ:親に借金返済の相談をする

スポンサードリンク