借り入れ金額と返済額

無職当時の借り入れ金額・ローンと月々の返済額

両親に助けてもらって借金を返済してからわずか半年後、私はまたもや膨大な借金額〜多重債務者になっていました。

 

バイトは「出会い系サイトのサクラ」という在宅ワークでしたが、人を騙していることに抵抗を持ち、すぐに辞めました。

 

 

そして父親の紹介で入社した会社も、上司の発言などに不快感を持つようになり、無断欠勤をしていました。

 

両親にバレないように、今日は遅い出勤だとか現場での仕事だなどと嘘をついていました。

 

 

無断欠勤が続き、もちろんクビになりました。

 

収入がなくなってしまうと借金返済できない・・・

 

 

私はまた消費者金融に足を運びました。

 

いかにも会社帰りだという雰囲気でスーツを着て行きました。

 

無職だと審査に通らないと分かっていたからです。

 

前もって以前勤めていた事務の人に私宛の電話がかかってきたら「今はいない、席をはずしている」と答えて欲しいとお願いをしておきました。

 

 

お金を借り入れることはできました。

 

しかし10万円だけでした。

 

 

このとき私には多数の借り入れがありました。

 

借り入れ金額・ローンと月々の返済額

 

消費者金融1・・・50万円  月々返済額・・・2万円

 

消費者金融2・・・30万円  月々返済額・・・1万5千円

 

消費者金融3・・・50万円  月々返済額・・・2万円

 

消費者金融4・・・30万円  月々返済額・・・1万5千円

 

消費者金融5・・・10万円  月々返済額・・・1万円

 

軽自動車ローン残額20万円  月々返済額・・・2万円

 

美容整形ローン残額98万円  月々返済額・・・3万円

 

銀行カードローン 30万円  月々返済額・・・1万円

 

クレジットカード 10万円  月々返済額・・・1万円

 

 

月に15万円も借金返済しなくてはいけない状態でした。

 

無職で収入もない。

 

もちろん会社を辞めたことも借金があることも両親には秘密でした。

 

以前のように借りては返し、返しては借りて・・・の繰り返しでも返済できない状態でした。

 

次のページ:借金の取り立てに怯え、家族にも迷惑をかける

スポンサードリンク